北九州市で探偵事務所へ夫婦の不倫相談を行い実態調査を依頼して証拠を見つけます

MENU

北九州市で探偵が不倫相談で調査の開始する準備と趣旨

不倫調査を探偵事務所の無料相談サービスを使って依頼し、調査内容を伝えて見積り額を算出してもらいます。

 

調べ方、調査した訳合、査定額が納得できましたら、本契約をさせていただきます。

 

実際に合意を締結したら本調査を開始させていただきます。

 

不倫の調査は、2人1組で通常行われることが多いようです。

 

しかし、求めに承りまして担当者の人数を補正させていただくことは応じます。

 

我が探偵事務所の不倫に関する調査では、リサーチ中に随時リポートが入ってきます。

 

それで調査の進み具合を把握することが可能ですので、ほっとできます。

 

 

私どもの事務所での調査の約束は規定の日数は決められているので、規定日数分でのリサーチが終えたら、すべての調査内容とすべての結果内容をまとめました報告書をあげます。

 

調査結果報告書には、細かくリサーチ内容についてリポートされ、現場で撮影された写真等も同封されます。

 

不倫調査では後々、依頼者様で訴訟を申し立てるようなケースでは、今回の調査結果報告書の中身、写真等はとても重大な裏付になります。

 

不倫の調査を当事務所に依頼する目的は、このとても重要な現場証拠を入手することにあります。

 

仮に、不倫調査結果報告書の中身でご納得いただけない場合には、調査続行を申し込むことも可能です。

 

依頼された調査の結果報告書に承知していただいて本契約が完遂したその時、それによりこの度ご依頼された不倫調査は完了となり、重要な調査に当該する資料も探偵の事務所で処分させていただきます。

北九州市の不倫相談の後に探偵事務所スタッフが決定的な証拠を裁判に提出できます

不倫調査といったら、探偵事務所の事がイメージわきますね。

 

「探偵」という仕事は、お客様からの不倫調査のご依頼を受けまして、ターゲットに関する聞き込みや、追跡や、監視などの方法によって、ターゲットの居所、行動等のインフォメーションをかき集めることが主な仕事なのです。

 

探偵の依頼内容は色々ありますが、多いのは不倫の調査であります。

 

やはり不倫の調査はそれだけあるのですね。

 

シークレット性が高いとされる探偵の業務は、不倫調査にバッチリといえますでしょうね。

 

探偵に不倫の調査依頼をしたら、プロ特有の知識、やノウハウを使用し、クライアントが必要とされる情報や証拠を取り集めて教えます。

 

 

不倫の調査のような調査の依頼は、前は興信所に申し出るのが当たり前でしたが、興信所は結婚相手の身元や企業の雇用調査等がほとんどですので、一般的な探偵業のように内密に調査ではなく、対象の人物に対して興信所というところから来た調査員ですと名乗ります。

 

それと、興信所のエージェントはそれほど詳しく調査しません。

 

周りへ聞き込みするだけということもあるようです。

 

ここ何年かの不倫の調査では、ターゲットに気づかれないように、身辺調査をしてほしい依頼が沢山あるので、探偵調査の方がメリットはあります。

 

探偵に関する法律は昔は制定されていませんでしたが、危険なトラブルが多発したことから平成19年に探偵業の業務の適正化に関する法律が制定されました。

 

それなので、所定の届出をしなければ探偵業を営むことができないと定められています。

 

なのでクリーンな探偵業の経営がなされていますので、安全に調査を依頼できるでしょう。

 

問題があった時はとりあえず探偵に相談してみることをオススメしたいと考えます。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

北九州市で探偵に不倫を調べる任せたときの支出はいかほど?

不倫の調査でおすすめは探偵へ要望とはいえ入手するには証等を脱毛に不服だった場合に、優秀な分、費用は上がる傾向にあります。

 

無論、ご依頼いただく探偵事務所で料金は異なりますので、多数の探偵事務所があればその事務所ごとでの費用は変わっているでしょう。

 

不倫リサーチでの際は、行動調査といって調査員1人につき料金がかかるのですが、調査する人の数が増えれば増えるだけそれだけ調査料がますますかかります。

 

目標の調査には、尾行だけと調査結果のみの簡単な調査と、予備の調査と特別な機材、証拠VTR、報告書で提出する「基本調査」と二種類あります。

 

相手の行動を調査するかかる費用は、1時間を一つの単位と決めています。

 

規定時間を超過しても調査を続行する場合には、延長費用が別途かかってなります。

 

尚、調査する人1名にあたり1時間から延長料が必要です。

 

 

他に、自動車を使わないといけない場合には別途、車両料金が必要です。

 

日数×台数の料金です。

 

必要な車両の種別によって必要な金額は変化いたします。

 

調査に必要な交通費やガソリン代、駐車料金等調査に必要な諸経費等別途、必要になってきます。

 

尚、現場状況になりますが、調査に必要な特殊機材などを使うときもあり、そのために必要な費用がかかってきます。

 

特殊な機材の中には、暗視ビデオカメラや隠し撮りするためのカメラ、偵察用カメラ、通信機器、監視するためのモニター様々なものがあります。

 

私どもの探偵事務所ではそれらの特殊機材を使った高いスキルで問題の解決へ導いていくことが可能なのです。