見沼区で探偵事務所へ伴侶の不倫相談を行い行動調査を依頼して報告してくれます

MENU

見沼区で探偵事務所が不倫相談の調査で着手する手順と趣旨

不倫の調査を探偵事務所にタダで相談を要請し、調査した趣旨を伝えて見積り額を出してもらいます。

 

調査手順、調べた内容、査定額が納得できましたら、正式に契約を履行させていただきます。

 

本契約を締結いたしましたらリサーチが進めさせていただきます。

 

不倫調査する場合、通常2人1組で行っていくことがほとんどです。

 

ただし、依頼者様の要望に応じることで探偵の数を修整させていただくことは可能です。

 

当事務所の調査では、調査中に随時連絡が入ります。

 

だから不倫調査の進捗状況を常時把握することが不可能ではないので、ほっとしていただけます。

 

 

私どもの探偵事務所の不倫調査での決まりでは規定の日数は決定しておりますため、決められた日数のリサーチが終わりましたら、すべての内容と結果をまとめたリサーチ結果報告書がもらえます。

 

リサーチした結果報告書には、詳細にリサーチした内容について記されており、不倫調査中に撮影された写真なども添付されます。

 

不倫調査での後々、ご自身で訴訟を来たすような場合では、それらの不倫調査結果報告書の調査での内容や画像は肝心な証に必ずなります。

 

不倫の調査を当事務所に希望する狙い目としては、この大切な証を手に入れることにあります。

 

もしも、不倫調査結果報告書の結果にご納得いただけない場合は、続けて調査の申し出をする事もやれます。

 

ご依頼された調査結果報告書に理解してご契約が完了させていただいたその時は、これらでこの度ご依頼された不倫調査は完了となり、すべての調査に関した資料も探偵の事務所で始末されます

見沼区の不倫相談の後に探偵事務所が逃げられない証拠を審議に提出します

不倫の調査といえば、探偵事務所が想像されますね。

 

「探偵」というものは、相談者からの依頼を受けて、ターゲットに関する聞き込み、ターゲットの追跡、張り込み等さまざまな方法を使い、目的の人物の居場所や行動等のインフォメーションをコレクトすることが主な業務としています。

 

わが探偵事務所の仕事は多種多様でありますが、特に多い依頼は不倫の調査です。

 

やはり不倫の調査はかなりあるのでございます。

 

シークレットが高いとされる探偵仕事は、不倫調査にピッタリ!といえるでしょう。

 

探偵事務所に不倫調査依頼をしたら、プロならではの広い知識やテクニックを使って、ご依頼者様が必要とされる情報や証拠をピックアップして教えてくれます。

 

 

不倫調査のような調査依頼は、少し前まで興信所にお願いするのが当たり前だったが、昔と違いまして結婚相手の身元や会社の雇用調査が興信所にはほとんどで、一般的な探偵のような裏で動くのではなく、目的の相手に興信所というところから来た調査員という事をお伝えします。

 

それと、興信所という場所はそんなに詳しく調査をしません。

 

知人へ様子を聞くだけの場合もあるそうです。

 

昨今の不倫の調査依頼は、目標に気付かれないように身辺を洗ってしてもらいたい依頼が沢山いるので、興信所よりも探偵の方がメリットはかなり大きいと思われます。

 

探偵社へ対する法は昔は特になかったのですが、トラブルが多く発生したことから2007年6月に探偵業法で規制されました。

 

それにより、所定の届出が出されていなければ探偵としての仕事ができません。

 

そのために良質な探偵の業務がすすめられていますので、安心して不倫調査を申し出することが可能なのです。

 

不倫問題の可能性があった時はまず最初に我が探偵事務所にご相談することを推奨したいと考えます。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

見沼区で探偵スタッフに不倫の調査を要請した時の支出はどれくらい?

不倫の調査で必要なことは探偵に依頼ですが、手に入れるのには証拠などを脱毛が納得できなかった場合に、有能な分、コストは高騰する動向にあります。

 

無論、依頼を頼む探偵事務所で料金は異なってきますので、いくつかの探偵の事務所があればその事務所ごとで料金は変わっているでしょう。

 

不倫リサーチでの場合では、行動調査として1人につき一定の調査料がかかるのですが、調査員が増えるとそれだけ調査料金がそのぶんかかります。

 

目標の行動調査には、尾行だけと結果だけの「簡易調査」と、事前の調査と特別機材、証拠のVTR、調査報告書で提出する「基本調査」と二種類あります。

 

行動調査のかかる代金は、60分を一つの単位としています。

 

定められた時間を過ぎて調査を続行する場合は、延長費用があらためて必要になります。

 

尚、調査員1名に分につきおよそ60分で延長費用が必要なのです。

 

 

それと、バイクや車を使用しなければならないとき、代金がかかってしまいます。

 

必要な日数×台数あたりの代金で決められています。

 

車サイズによって代金は変わるのです。

 

それと、交通費やガソリン代などの探偵調査するのにかかる諸経費も別途、必要です。

 

あと、現場の状況になってきますが必要な機材などを使うこともあり、そのため費用がかかる場合もあります。

 

特別な機材の中には、暗視カメラ、カムフラージュカメラ、ピンホールカメラ、携帯電話機、カメラと連動したモニター色々な機材があります。

 

探偵事務所では様々な特殊機材を使用して高い技術であなたの問題を解決へ導くことが必ずできます。