港区で探偵事務所に夫婦の不倫相談を行い調査を依頼して突き留めます

MENU

港区で探偵事務所が不倫相談で調査の仕掛ける流れと報告

不倫調査を探偵事務所にフリー相談で頼んだ、調査した内容を伝えかかる費用を出させてもらいます。

 

調べ方、査察内容かかる費用に同意したら本契約をやり取りします。

 

契約を結んだら査定を始めさせていただきます。

 

不倫調査する場合、通例2人1組で行うことがあります。

 

とは言っても、要望を承りまして探偵の人数を調節しえることが応じます。

 

探偵事務所の不倫に関する調査では、調査の中で報告が随時入ってまいります。

 

だから調査は進捗状況を常時知ることができますので、安心することができますよ。

 

 

私どもの事務所での調査での決まりは規定で日数が定められてあるので、規定日数分の不倫の調査が終えたら、リサーチ内容とすべての結果を一緒にしたリサーチした結果報告書を入手できます。

 

調査結果報告書では、細かくリサーチ内容について報告され、不倫の調査中に撮影された写真なども入ってきます。

 

依頼を受けた調査の後に、依頼者様で訴訟を起こすようなケースには、今回の不倫調査結果の調査内容や写真は重要な証です。

 

このような調査を当探偵事務所に求める目的としては、この重要な不倫現場証拠を入手することにあります。

 

もし、調査した結果の報告書で内容が納得いかない時は、再度調査を依頼することができます。

 

調査結果報告書に承知して取引が完了させていただいた場合は、これにより依頼された不倫の調査はすべて終わりとなり、すべてのリサーチに関する資料も探偵事務所で抹消します。

港区の不倫相談の後に探偵が逃げられない証拠を法廷に提出可能です

不倫のリサーチといえば、探偵事務所がイメージされますよね。

 

探偵というものは、相談者の不倫調査のご依頼を受けまして、ターゲットに関する聞き込み、追跡、見張り等さまざまな色々な方法によって、依頼された目標の居所や活動の情報等を収集することを主な仕事としています。

 

当探偵事務所の仕事は多岐に渡っておりますが、特に多い仕事は不倫の調査であります。

 

やはり不倫調査は特別に多いのです。

 

シークレット性が高いとされる探偵仕事は、不倫調査には完璧といえますよ。

 

探偵に不倫の調査依頼をしたら、プロフェッショナルならではの広い知識、技術等を使用して、ご依頼者様が必要とされるデータをピックアップして教えます。

 

 

不倫の調査等の作業は、少し前まで興信所に依頼が普通でしたが、以前と違いまして相手の身元確認や会社の雇用調査等が主であり、探偵業のように隠れて調べるのではなく、目的の人物に対し、興信所というところから来た調査員ですと説明します。

 

それに、興信所は特に深い調査しないです。

 

ごく親しい友人へ情報を調べるだけの場合もあるそうです。

 

ここ何年かの不倫調査依頼では、気付かれないように、動向を調査してほしい人が沢山いるので、探偵の方が利点はいますね。

 

私立探偵社対する法律は昔は特に制定されていませんでしたが、危険なトラブルが多かったことから2007年6月に探偵業法で規制されました。

 

それなので、所定の届出の提出がなければ探偵の仕事ができないのです。

 

なので健全な探偵業務がすすめられていますので、お客様には安心して不倫の調査を頼むことができるのです。

 

お悩み事があった時はまずはじめは探偵事務所に相談してみることをすすめたいと思うのです。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

港区で探偵に不倫調査で任せたときの費用はいくらかかる?

不倫の調査でおすすめは探偵での要望することですが、手に入れるのには証などを施術に不服だった場合に、有効な分、費用は高くなっていく傾向があります。

 

ですが、依頼頂く探偵事務所等によっては値段が違ってきますので、多くの探偵事務所があった際にはその事務所ごとにより料金は変わるでしょう。

 

不倫の調査での際には、行動リサーチとして探偵する人1人毎に一定の料金がかかるのですが、調査員の人数が増えていきますと料金がどんどん高くなっていきます。

 

行動調査には、尾行だけと結果だけの簡単な調査のほかに、事前調査、特殊な機材、証拠で使える動画、調査報告書で報告する「基本調査」と二つあります。

 

行動を調査する費用は、1hずつを単位と定められています。

 

取り決めした時間をオーバーして調査を続行する場合は、延長するための料金が必要にしまいます。

 

調査員1名に分につき1時間で費用がかかってきます。

 

 

さらに、移動に必要な乗り物を運転するときには車両料金がかかってしまいます。

 

必要な日数×必要な台数の料金で設定されています。

 

車両種別によって代金は変化します。

 

公共の乗り物等の交通費やガソリン代等調査するのにかかるもろもろの費用も必要です。

 

あと、現場状況に合わせてですが、特殊機材などを使う場合もあり、さらにの費用がかかってきます。

 

特殊機材とは、暗くても見えるカメラや隠し撮りするためのカメラ、小さいカメラ、通信機器、偵察用カメラのモニター様々な機器が使えます。

 

探偵では色々な特殊機材を使った高い技術で難しい問題も解決に導いていくことが必ずできるのです。