杉並区で探偵事務所へパートナーの不倫相談を行い生活調査を依頼して報告してくれます

MENU

杉並区で探偵が不倫相談の調査で始動する流れと結果

不倫の調査を探偵事務所にタダで相談を依頼し、調査内容を伝えて査定額を算出していただきます。

 

査察、調査した訳合、かかる費用に同意したら事実上契約は交わします。

 

実際に契約を締結いさしまして本調査を進めさせていただきます。

 

不倫調査は、通常1組が2人でされることがございます。

 

ですが、要望に応じまして調査員の人数を調節させることは応じます。

 

探偵事務所では不倫の調査では、調査の合間に常に報告がきます。

 

これにより調べた内容の状況を常時とらえることが可能ですので、安堵していただけます。

 

 

当探偵事務所の調査の約束は日数は規定で決定しておりますため、規定日数分の不倫調査が完了したら、すべての調査内容と結果を合わせた依頼調査報告書がお渡しいたします。

 

調査結果の報告書には、細かいリサーチした内容について報告しており、不倫の調査中に撮影された写真等も同封されます。

 

不倫調査のその後、裁判を来たすような時、今回の不倫調査結果の中身、写真とかは肝要な裏付けと必ずなります。

 

不倫の調査を当探偵事務所に要求する目的は、この大事な証を掴むことがあります。

 

万に一つでも、調査結果報告書で中身でご満足のいただけない場合には、再度調査の申し出をする事が大丈夫です。

 

依頼された調査の結果報告書に納得していただいて本契約が完遂した場合、それによりご依頼された調査は終了となり、とても大事なリサーチに関する資料は探偵事務所で始末されます

杉並区の不倫相談の後に探偵事務所スタッフが証拠を裁判に提出可能です

不倫の調査なら、探偵オフィスが思い浮かべますよね。

 

「探偵」とは、相談者様の依頼を受けまして、聞き込みやターゲットの追跡や、監視等さまざまな様々な方法を使い、目標人物の所在、行為の正しい情報をピックアップすることを業務としています。

 

当探偵の探偵調査内容は多岐に渡っており、特に多い仕事は不倫の調査です。

 

やはり不倫調査はそれだけあるのでございます。

 

秘匿が高いとされる探偵の仕事は、不倫の調査にはバッチリ!といえます。

 

探偵の事務所に不倫調査を依頼をしたら、プロの広い知識や技術を駆使し、クライアントが必要とされるデータを寄せ集めて提出します。

 

 

不倫の調査等の依頼は、以前まで興信所に申し出るのが普通だったが、昔と違いまして結婚相手の身元確認、企業の雇用調査が興信所にはほとんどで、一般的な探偵のように隠れて動くのではなく、対象の人物に対して依頼を受けて興信所から派遣されたエージェントだと説明します。

 

しかも、興信所のエージェントはあまり丁寧に調査をしないです。

 

親しい知人へ情報を調べるだけということもしばしばあります。

 

最近、不倫の調査では、相手に気付かれないように身のまわりの調査をしてもらいたい人がほとんどなので、探偵調査の方が比較的向いていますね。

 

私立探偵社に関する法律は以前はありませんでしたが、ごたごたが多発したことから2007年6月に探偵業法で規制されました。

 

ですので、所定の届出の提出がなければ探偵としての仕事ができないのです。

 

このため健全な経営がすすめられていますので、お客様には安心して不倫調査を依頼することが可能です。

 

不倫でお悩みの際は最初に当探偵事務所にご相談してみることをすすめたいと思います。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

杉並区で探偵事務所スタッフに不倫の調査を任せたときの支出はいかほど?

不倫調査におすすめなのは探偵での依頼とは言っても手に入れるには裏付などを施術に不服だった場合に、有能な分、経費は高騰する動向にあります。

 

もちろん、ご依頼いただく探偵事務所によっては料金は変わりますので、多数の探偵事務所があればその事務所ごとでの費用が異なるでしょう。

 

不倫調査での場合では、行動する調査として調査員1人ずつ料金が課せられるのです。調査員の人数が増えていくとそのぶん調査料金がそれだけかかります。

 

ターゲットの調査には、尾行だけ、結果を調べるだけの「簡易調査」と、予備の調査、探偵に必要な特殊機材、証拠動画、調査報告書で報告する「基本調査」と二種類あります。

 

行動を調査するのに手数料は、60分を単位と決めています。

 

決められた時間を超過しても調査を続行する場合は、延長が必要に応じてかかってなるでしょう。

 

調査する人1名にずつ1時間当たりの代金が必要になります。

 

 

あと、車両を運転するときは車両代金が必要になります。

 

1台×日数あたりの費用で定められています。

 

必要な車両サイズによって料金は変わってきます。

 

公共の乗り物等の交通費やガソリン代等探偵調査にかかる費用等も必要になってきます。

 

さらに、その時の状況になってきますが探偵特有の特殊機材などを使用する時もあり、それに必要な費用が加算されます。

 

特殊な機材には、暗視ビデオカメラや隠し撮りするためのカメラ、ピンホールカメラ、通信機器、偵察用カメラのモニター様々なものがあるのです。

 

当方の探偵事務所ではそのような特殊機材を使用した高い技術で問題解決に導くことができます。