文京区で不倫相談の依頼は頼れる探偵がに無料で出来るので悩みを解決

不倫に関する調査を探偵事務所にサービス相談で依頼し、調査内容を伝えてかかる費用を出してもらいます。

 

調査手順、調査した中身、予算金額に許諾できましたら契約を実際に交わします。

 

契約を交わしましたら調査が移ります。

 

不倫の調査は、通常2人1組でされることがほとんどです。

 

それでも、依頼者様の要望に応じまして調査員の人数を補正することがOKです。

 

我が探偵事務所の不倫の調査では常にちょこちょこリポートが入ってまいります。

 

ですから調査は進捗度合いをのみこむことができるので、安心していただけます。

 

 

探偵事務所の調査での契約は規定で日数が決定していますので、規定日数分での不倫の調査が完了しましたら、全調査内容と全結果をまとめた調査結果報告書をあげます。

 

調査結果報告書では、細かい調査内容についてレポートされ、調査中に撮影された写真等も入っています。

 

不倫の調査の以降、依頼者様で訴訟を立てるような場合には、これら調査結果報告書の調査した内容や写真はとても重大な証明となるでしょう。

 

調査を当事務所へお願いする目的として、この大事な証拠を掴むことがあります。

 

仮に、依頼された結果内容でご納得いただけない場合には、再度調査をお願いすることもやれます。

 

依頼された調査の結果報告書に同意して本契約が完了した時、それらで今回依頼された不倫のリサーチはすべて終了となり、すべての不倫調査資料は当事務所にてすべて処分します。

 

 

文京区の不倫相談の後に探偵スタッフが逃げられない証拠を裁判所に提出可能です

不倫調査といったら、探偵が想像されますね。

 

「探偵」というものは、お客様からのご依頼を受けて、ターゲットに関する聞き込みや、ターゲットの追跡、監視などのいろいろな方法を使って、ターゲットの住所や行為の正しい情報をコレクトすることを業務なのです。

 

探偵事務所の仕事は沢山あり、多いのは不倫調査であります

 

やはり不倫の調査は特別にあるのですよ。

 

シークレットが高いとされる探偵は、不倫調査に完璧といえるでしょうね。

 

当探偵に不倫の調査依頼したら、その道のプロならではの広い知識やノウハウを使用して、依頼人様が必要とされる情報や証拠を収集して提出してもらえます。

 

 

不倫の調査のような作業は、前は興信所に調査依頼するのが当然でしたが、昔と違って結婚相手の身元や会社の雇用調査等がほとんであり、一般的な探偵業のように影で行動するのではなく、標的の人物に対し、興信所から派遣された調査員だと申します。

 

さらに、興信所という場所は特に細かく調べたりしません。

 

親しい知人へ様子を聞き込みするだけの場合もあるようです。

 

ここ何年かの不倫調査では、ターゲットに気づかれないように、詳しく身辺調査をしてほしい人が多くあるので、探偵の方が興信所よりも向いてあります。

 

私立探偵社に関する法律は昔はなかったのですが、厄介な問題が発生したことから8年程前に探偵業の業務の適正化に関する法律が施行されました。

 

それなので、所定の届出を出さなければ探偵業を営むことが禁止されています。

 

なので良質な探偵業がされていますので、安全に探偵調査を頼むことができるのです。

 

ですので、何かあった時は最初は探偵事務所に話をすることをイチ押ししたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

文京区で探偵スタッフに不倫調査で依頼した時の出費はいかほど?

不倫調査において不可欠なのは探偵に要望することですが、手に入れるには証などを施術が納得できなかった場合に、有効度合いで、代金が高騰する動向にあります。

 

とうぜん、ご依頼する探偵事務所等によっては料金は違ってきますので、いろいろな探偵事務所があるならその事務所ごとに値段は違うでしょう。

 

不倫の調査での際には、行動調査という探偵1人毎に調査料金がかかるのです。人数が増えますとそれだけ料金がばんばんかかってしまいます。

 

調査には、尾行のみと不倫しているかの結果のみの「簡易調査」と、事前の調査と探偵用の特別機材、証拠になる動画、報告書で提出する「基本調査」と二つあります。

 

行動調査の手数料は、60分ずつを単位と定められています。

 

取り決めした時間を超えても調査を続行する場合には、延長がかかってしまいます。

 

調査員1名あたり大体1時間ずつの別途、料金がかかります。

 

 

それと、バイクや車を使用するとき、代金がかかってきます。

 

1台×日数毎の代金で決められています。

 

必要な乗り物の種別によって料金は変化します。

 

尚、交通費や車にかかる費用等調査に必要な諸経費等別途、必要です。

 

それと、現地の状況に合わせてになりますが、特殊な機材などを使うこともあり、そのための費用がかかる場合もあります。

 

特殊な機材には、暗視ゴーグルや偽装カメラ、隠しカメラ、盗聴器、隠しカメラのモニター様々な機器が使えます。

 

当方の探偵事務所では色々な特殊機材を使用した非常に高いスキルで難しい問題も解決へと導くことが可能なのです。